news profile work ディスコグラフィー live blog goods contact english

松永貴志
(作曲家/ピアニスト)

1986年、兵庫県生まれ。
13歳で巨匠ハンク・ジョーンズに絶賛される。17歳でアルバム「TAKASHI」(EMI)でメジャーデビュー。ベストセラーとなる。「東京JAZZ’2003’」に出演し、ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。
2004年、全米、およびヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」発表。
ブルーノート・レーベル75年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの記録を塗り替え世界最年少のリーダー録音記録を樹立。第14回「出光音楽賞」受賞。
その後、テレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲「オープン・マインド」を作曲、演奏。これを機にフジテレビ「新報道2001」「スーパーニュース」、BS朝日「激論!クロスファイア」、朝日放送「NEWSゆう+」など数々の報道番組テーマ曲や、SECOM、NTTドコモ、ソルマックのコマーシャル楽曲も手掛けるなど、作曲家としても定評がある。
クラシック音楽にも積極的に取り組み、サントリーホールで故・岩城宏之氏指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団と共演し、大絶賛される。ガーシュウィン、ショスタコビッチ、モーツァルトなどの曲を数々のオーケストラと共演する。
2012年、フジテレビ ノイタミナ「坂道のアポロン」で、劇中の主人公のピアノ演奏を全曲で担当するとともに、オリジナル楽曲を提供し、プロデューサー菅野よう子とコラボレーションを果たした。
同年、田中公平×松永貴志のコラボCD「ピアノ piano ぴあの」発表。サクラ大戦の楽曲の演奏と編曲を手掛ける。
2013年デビュー10年を記念してアルバム「GOOD NEWS!」(ユニバーサルミュージック)を発表。
12月、芸術の聖地パリのルーヴル美術館で開催されたSNBA受賞式典記念演奏会にてソロ演奏、巨匠ガブリエル・タッキーノとの2台ピアノで出演し、アート関係者から大喝采を浴びる。
2015年、阪神・淡路大震災20年ドラマ「二十歳と一匹」(NHK)、映画「種まく旅人
くにうみの郷」(松竹)の音楽を全て担当する。また、ポーランドのクラコフにある「マンガ日本美術・技術博物館」のテーマ曲を作曲。
 抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。

過去に手掛けた代表作品
■テーマ曲/作曲■
「報道ステーション」テレビ朝日
「スーパーニュース」フジテレビ
「坂道のアポロン」フジテレビ劇中曲演奏/劇伴楽曲提供
「新報道2001」フジテレビ
「朝だ!生です旅サラダ」朝日放送エンディング曲
「NEWSゆう+」朝日放送
「ガラスの地球を救え スペシャル」朝日放送
「朝だ!タメ男」関西テレビ
「二代目ショウヘイへの道」関西テレビ
「すてき彩事記」関西テレビ
「ピーチケ+」関西テレビ
「カンテレ通信」関西テレビ
「激論!クロスファイア」BS朝日
「全部見せます!ゴルフシリーズ」スカイA
「BRAVO!」読売テレビ

■ドラマ
「二十歳と一匹」NHK(阪神・淡路大震災20年ドラマ)
「なでしこですから」ABCラジオ(創立65周年記念連続ラジオドラマ)

■映画
「種まく旅人 くにうみの郷」松竹

■CM曲
NTTドコモ関西
NTTドコモ
SECOM
ソルマック(ピアノ演奏)

■TV劇中曲
「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」朝日放送
「キャスト」(お天気コーナー)朝日放送

●DJ/ABCラジオ「松永貴志のMUSIC FILE」

 

●1999年     ジャズピアノの巨匠ハンク・ジョーンズに「ずば抜けた演奏」と絶賛される。
       
●2001年     8月、「松永貴志プロデビュー・リサイタル」を実施。
       
●2003年   4月 高等学校が使用する英語教材「Watching Light」と「Watching1」2004〜2005年版に、松永貴志が掲載される。
    5月 17歳でアルバム「TAKASHI」(EMI)でメジャー・デビュー。ベストセラーとなる。
    7月 初の全国ツアーは大成功を収める。
    8月 「東京JAZZ2003」に出演。自らのトリオを率いての演奏はもちろん、ハービー・ハンコック<SUPERUNIT>に急遽招かれ、チャカ・カーン、ジャック・ディジョネット、ジョシュア・レッドマンなど、海外超一流アーティスト達と共演。喝采を浴びる。
    9月 NHK「トップランナー」に出演。
    10月 東北放送でDJ番組<松永貴志 放課後のJAZZ>が始まる。
    11月 全曲書き下ろしオリジナルによる2ndアルバム「MOKO-MOKO」(EMI)を発表。
       
●2004年   1月 スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞<ニュー・スター賞>受賞。
    2月 グラミー賞受賞アーティスト、ボビー・マクファーリンと共演する。「咲くやこの花賞」(大阪市芸術文化賞)受賞。全米およびヨーロッパ、アジアなど世界各国で「STORM ZONE」発売。ブルーノート・レーベル70年の歴史上、最年少のリーダー録音記録を樹立。
    3月 本人出演のNTTドコモ関西のTVCFが始まる。第14回「出光音楽賞」受賞。アエラ(AERA)3月号の表紙掲載。
    4月 本人演奏・作曲の「オープン・マインド」が、テレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲としてスタートする。
    5月 NYトリオ(B-ウゴナ・オケグォ、Ds-エリック・ハーランド)を率いた3rdアルバム「TODAY」(EMI)を発表。韓国プロモーションツアーを行う。KBS・EBSを始め各メディアに取り上げられる。
    7月 NHK大阪ホールにて「青少年のためのコンサート」で大阪フィルハーモニー交響楽団(大植英次指揮)と共演。
    9月 NYトリオを率いて「東京JAZZ2004」の再出演他、全国で15日間のJAPANツアーを成功させる。
    10月 台湾で開催された「台中ジャズフェスティバル」に出演し3,000人に喝采を浴びる。
       
●2005年   1月 イギリスのEMIにてロビーコンサートを行う。ヨーロッパ各国を訪問。その後も何度も渡米し世界に見聞を広める。
    9月 NYトリオによる2度目の全国12ヵ所でのコンサートホールツアーを行う
    11月 「2005かんでんハーモニアスファミリーコンサート」で、大阪フィルハーモニー交響楽団(井上道義指揮)と共演。
    12月 2日間開催された「ドコモHearty Xmas Concert」で、初のプロデュースと自ら率いるトリオ及びテレマン室内管弦楽団のアレンジを行う。
       
●2006年   1月 NYトリオによる「無機質オレンジ」(EMI)発売。成人の日にサントリーホールで新日本フィルハーモニー交響楽団(故・岩城宏之指揮)とガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を共演。大絶賛される。
    3月 NYトリオで3度目の全国11ヵ所コンサートホールツアーを成功させる。
    4月 読売テレビの情報番組テーマ曲「ブラボー」を作曲、演奏。
    6月 昭和女子大学人見記念講堂で行われた、テレビ朝日系「題名のない音楽会21」で東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(飯森範親指揮)と共演し、初のオーケストラのアレンジ(無機質)を初演。これは7月に放送(番組名「ヌーヴォー VS ヴィンテージ」)された。
    7月 ショスタコーヴィチ生誕100年を記念してアクロス福岡シンフォニーホールで開催されたコンサートで、九州交響楽団(井上道義指揮)と共演。クラシックピアノの演奏で、松永貴志の新たな一面を披露した。<演奏曲:ピアノ協奏曲第2番ヘ長調作品102>
    10月 30・31日の2日間にわたって、新日本フィルハーモニー交響楽団(井上道義指揮)と共演。
       
●2007年   2月 「咲くやこの花賞」の音楽監督を行う。
    6月 オーケストラとダンスの完全融合、シンフォニック・バレエ「ラプソディ・イン・ブルー」を東京フィル、大阪センチュリー響、服部有吉、金聖響、ラスタ・トーマスとともに全国で上演。再度NHK「トップランナー」にゲスト出演。
    8月 テレビ朝日系「題名のない音楽会21」でゲスト司会をし、演奏以外のジャンルに活動を広める。
    9月 オーチャードホールで行われた「10人のピアニスト」にコンテンポラリーダンサーの辻本知彦と共にゲスト出演。大絶賛される。
    10月 テレビ朝日系「題名のない音楽会21」で再度ゲスト司会をする。
    11月 「第16回荻窪音楽祭」 で、東京佼成ウインドオーケストラ(國分誠指揮)と共演。
       
●2008年   1月 テレビ朝日系「題名のない音楽会21」で3度目のゲスト司会をする。
    2月 高等学校が使用する現代社会教材「最新図説現社」2008年版に松永貴志が掲載される。「咲くやこの花賞」の音楽監督を再度行う。
    4月 5枚目となるアルバム「地球は愛で浮かんでる」(EMI)をリリース。朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」のエンディングテーマ作曲。
    5月 毎日放送「情熱大陸」に特集され、大きな反響を呼ぶ。
    6月 アルフレッド・ライオン生誕100年を記念して、「ベースの神様」と呼ばれるジャズの巨人、ロン・カーターと共演。京セラドームにて3,000人の吹奏楽と共演。
    9月 RAG FAIRのヴォイス・パーカッション奥村政佳との異色コラボレーション「松永貴志 feat. 奥村政佳 Live Tour2008」を全国5大都市で公演。「三菱チャリティーコンサート」にて平原綾香と共演。
    10月 フジテレビ系「新報道2001」のテーマ曲および挿入曲を作曲・演奏。
    11月 本人作曲によるオーケストラ曲「無機質」を関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。
    12月 アポロシアター世界チャンピオンのダンサー「TAKAHIRO」の初日本公演をサポートし共演する。年末、RAG FAIRと武田真治をゲストに迎えたオーチャードホールでの自身のライブを大成功させる。
       
●2009年   2月 「咲くやこの花賞」の音楽監督を再度行う。
    3月 若手現代作曲家の登竜門「just Composed2009」に選ばれ本人作曲の委嘱新作曲「hudou」を初披露・演奏。「第12回リゾート鈴鹿音楽祭」にて小柳ゆきと共演。
    4月 朝日放送「NEWSゆう+」のオープニングテーマ曲および挿入曲を作曲、演奏。
    5月 学習院初等科音楽鑑賞会にて、皇太子殿下、愛子様御観覧の中、学習院初等科初のジャズコンサートで演奏。
    6月 京セラドームにて3,000人の吹奏楽と再度共演。ソロピアノによる全国ツアーライブを行う。
    8月 ダンサーとピアニストによる舞台「3D」で服部有吉、辻本知彦、群青らと共演。
    12月 兵庫県立芸術文化センターにて、佐渡裕や桂三枝らと共にカウントダウン公演「ジルベスターガラコンサート」を行う。
       
●2010年   1月 本人作曲によるオーケストラ曲「無機質」を関西フィルハーモニー管弦楽団と再び共演。
    2月 「〜クラシック×ジャズ2台ピアノの挑戦〜」松永貴志×中野翔太のツアーが始まる。
    7月 奥村政佳(RAG FAIR)とのユニット「SO COOL」で「東京JAZZ2010」に出演。
    8月 ソロピアノによる全国ツアーライブを行う。
    10月 BS朝日「激論!クロスファイア」(田原総一郎司会)のオープニングテーマ曲及び挿入曲を作曲・演奏。「咲くやこの花賞」の音楽監督を行う。
    11月 京都コンサートホールで開催されたコンサートで、京都市交響楽団(現田茂夫指揮)と共演。<演奏曲:モーツァルト、ピアノ協奏曲第20番二短調K.466> 芦屋市制70周年記念事業にて演奏。
       
●2011年   2月

三代澤康司のドッキリ!ハッキリ!クラシックです「大人のためのドヴォルザーク"新世界より"入門」に出演し、大阪交響楽団と共演。<演奏曲:ガーシュウィン、ラプソディー・イン・ブルー>

    4月 SEIKOの人気時計ブランド「WIRED」とコラボレーション、TWO FACE
3針カレンダーモデル(AGAT020)をプロデュースする。
多方面で活躍する。
    5月 「東日本大震災チャリティーコンサート〜芦屋から被災地へ〜」を自ら企画し、その想いに賛同した宮川大助、hiroko(mihimaruGT)、川嶋あい、奥村政佳(RAG FAIR)、FRIED PRIDEなど様々なアーティストが参加し、被災地へエールを送ると共に、公演の収益全額を寄付した。
    6月 京セラドームにて3,000人の吹奏楽と再度共演。
    8月 ブレイクダンサーの群青との異色コラボレーション「松永貴志×群青Special Duo」、全国6ヵ所での公演が始まる。
    9月 「2011東北復興チャリティーコンサートin花巻with LIGHT UP
NIPPON」で、南こうせつ、川嶋あい、大渡亮(Do As Infinity)、ネプチューンらと共に、被災地岩手にて復興支援コンサートを行う。
    10月 SEIKOの人気時計ブランド「WIRED」とコラボレーション、TWO FACE スペシャルエディション(AGAV066)をプロデュースする。
    12月 プロデビュー10周年記念「クリスマスジャズライブ〜威風堂々〜」をザ・シンフォニーホールで行い、ジャズでは異例の1700人の観客を動員し大成功させた。
       
●2012年   1月 ABCラジオでDJ番組「松永貴志のミュージックファイル」が始まる。タップダンサーHIDEBOHとのコラボレーション「松永貴志×HIDEBOH」を行う。
    3月 nanoのアルバム『nanoir』(Calc.)の編曲・演奏を担当する。
    4月

「坂道のアポロン」(CX系アニメノイタミナ)の中で、主人公西見薫のピアノを全て演奏。また、劇伴楽曲を3曲提供、プロデューサー菅野よう子とコラボレーションを果たした。朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」のエンディング曲を作曲・演奏。スカイA「全部見せます!ゴルフシリーズ」のオープニングテーマ曲及び挿入曲を作曲・演奏。

    6月

京セラドームにて3,000人の吹奏楽にゲスト出演。

    7月

関西テレビ「朝だ!タメ男」のオープニングテーマ曲及びエンディング曲を作曲・演奏。朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」のエンディング曲を作曲・演奏。「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラックプラスmore&rare(エピックレコード)をリリース。

    9月

「杜の都ジャズライブ」を東京エレクトロンホール宮城にて行い大成功させた。

    10月

朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」のエンディング曲を作曲・演奏。SECOMのコマーシャルを作曲・演奏。関西テレビ「二代目ショウヘイへの道」テーマ曲を作曲・演奏。

    11月

ソルマックのコマーシャルを演奏。

    12月

田中公平×松永貴志のコラボCD「ピアノ piano ぴあの」発表。サクラ大戦の演奏と編曲を手掛け大絶賛される。

     

 

●2013   2月

関西テレビ「すてき彩事記」のオープニングテーマ曲及びエンディング曲を作曲・演奏。

    3月

松永貴志×奥村政佳(RAG FAIR)のユニット「So cool」による全国15ヵ所でのライブツアーを行う。

    4月

フジテレビ系全国ネット「スーパーニュース」のテーマ曲及びスタジオBGMを作曲、演奏。東京タワーWarm
Blue点灯式にて、安倍内閣総理大臣の前でピアノソロを演奏。  

    5月

茂木本家美術館にて、来日中のゴッホの弟テオの孫にあたるウィリアム・ファン・ゴッホの前でピアノソロを演奏。
日本に初上陸した外国客船「サン・プリンセス」の客船内ホールでピアノソロを演奏。

    6月

岩手県北上市で東日本大震災チャリティーコンサートを行う。
地元のオーケストラと「ラプソディー・イン・ブルー」を共演。

    7月

お台場合衆国イベントのお台場マイナビステージにて「スーパーニュースお天気生中継ライブ」に3日間連続出演。

    8月

X JAPAN hideのトリビュートアルバム「hide TRIBUTE IV」に参加。
徳間ジャパンから8月28日に発売。

    9月

テレビ朝日系「題名のない音楽会」に2週連続出演。
エリック・ミヤシロ率いるEMビッグバンド、松崎しげる、平原綾香と共演。

    10月

東京第一生命ホールにてデビュー10周年公演を大成功させる。
全国コンサートホールツアーを行う。

    11月

デビュー10年を記念してアルバム「GOOD NEWS!」を発表。

    12月

パリ市内Sunset-Sunsideでのソロライブを超満員にしライブを大成功させる。
芸術の聖地パリのルーヴル美術館地下スフロ・ホールで開催されたSNBA受賞式典記念演奏会にてソロ演奏、巨匠ガブリエル・タッキーノとの2台ピアノで出演し、アート関係者から大喝采を浴びる。
シルクドゥソレイユ『マイケルジャクソン ザ・イモータルワールドツアー』世界ツアー出演ダンサーKhalid Freemanの来日に合わせて松永貴志とデュオライブを開催。

●2014   1月

田中公平とのコラボCD「ガンバスター交響詩」にて「つばさ〜ラストバージョン」を収録、発表する。

    3月

3月11日に岩手県北上市にて東日本大震災復興支援チャリティーディナーショーを行う。

    4月

世界自閉症啓発デー「Warm Blue2014」で石井竜也ら豪華出演者と共演。

    5月

関西テレビ「カンテレ通信」のテーマ曲、エンディング曲を作曲・演奏。

    6月

「A NEW GENERATION OF ORIGINAL MUSIC」ニューヨーク公演を行う。京セラドームにて3,000人の吹奏楽にゲスト出演。

    7月

 「綾戸智恵×松永貴志」公演を神戸文化ホールで行う。

    8月

「アニソンのネ申降臨!田中公平withヨコハマ・ポップス・オーケストラ」で、田中公平、田中真弓、きただにひろし、でんぱ組.inc、栗田博文、神奈川フィルハーモニーと共演し大成功させる。

    9月

ダライ・ラマ法王14世に稲吉紘実氏の作品と共に楽曲「ダライの宝珠」を作曲し、献上する。

    10月

スマホアプリ「Clip」のサウンドプロデュースを手掛ける。

    11月

ポーランドのクラコフで開催されたManggha Muzeum設立20周年式典で、ポーランド大統領、故アンジェイ・ワイダ監督の前でピアノ演奏。

    12月

大船渡でウィーンフィル&サントリー音楽復興祈念公演で岩手フィルハーモニーオーケストラと演奏。ポーランド大統領府HPで式典での様子が紹介される。

●2015   1月

NHK総合「あさイチ」に出演・演奏。NHK総合 阪神・淡路大震災20年ドラマ「二十歳と一匹」【作】岡本貴也
【主演】菅田将暉 音楽を全て担当する。

    2月

NHK「らららクラシック」東京フィル×松永貴志 “ラプソディー・イン・ブルー” に出演。

    3月

フランスのパリで「TAKASHI MATSUNAGA」MAISON DE LA CULTURE DU JAPON A PARISソロコンサートが二日間連続で開催され、満員の観客を魅了した。パリの雑誌「L'UNE」に松永貴志の記事が掲載される。
テレビ朝日「題名のない音楽会」に出演。

    4月

ハーバード・ビジネス・レビュー5月号の巻頭に掲載。

    5月

ポーランドのクラコフ「マンガ日本美術・技術博物館」のテーマ曲を作曲、寄贈する。
映画「種まく旅人 くにうみの郷」公開。
【監督】篠原哲雄 【主演】栗山千明 【音楽】松永貴志

    6月

京セラドームにて3,000人の吹奏楽にゲスト出演。

    11月

B-TRIBE TVに出演。

●2016   1月

ポーランドのオペラハウス「Mlynarski Hall」でピアノソロコンサート「Takashi Matsunaga in Warsaw2016」開催。

    3月

松永貴志×奥村政佳「So Cool」全国ツアー

    4月

朝日放送「キャスト」お天気コーナーの曲を作曲。神奈川フィルハーモニー管弦楽団とラプソディー・イン・ブルーを演奏。

    6月

京セラドームにて3,000人の吹奏楽にゲスト出演。

    9月

BSジャパン「エンター・ザ・ミュージック」出演。関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。

    10月

朝日放送「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」の番組内の曲を作曲。

 


(c) 2008 takashi matsunaga all right reserved