Profile

松永貴志(作曲家/ピアニスト)

1986年、兵庫県生まれ。
17歳でメジャー・デビュー。 ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに世界のミュージシャンから喝采を集める。
全米ヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」発表。
NYブルーノート・レーベル80年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイビスの記録を塗り替え最年少リーダー録音記録を樹立。 第14回「出光音楽賞」受賞。
テレビ朝日「報道ステーション」フジテレビ「スーパーニュース」「新報道2001」など数々のTV番組オープニング曲やCM曲を手掛ける。
2013年、パリのルーヴル美術館で開催されたヨーロッパ最大のアート式典であるSNBA授賞式典に招待され演奏。
2015年、ポーランドManggha Muzeum設立20周年式典に招待されポーランド大統領の前で演奏。また、博物館のテーマ曲を作曲。
2017年、世界10カ国ツアーを開催。
抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。

過去に手掛けた代表作品

TVテーマ曲

テレビ朝日「報道ステーション」
フジテレビ 「スーパーニュース」「新報道2001」「FNN 衆院選挙特番 日本の決断2017」
朝日放送  「NEWSゆう+」
BS朝日 「激論!クロスファイア」
関西テレビ 「みんなのニュース 報道ランナー」「朝だ!タメ男」「二代目ショウヘイへの道」「すてき彩事記」 「ピーチケ+」 「カンテレ通信」
読売テレビ 「BRAVO!」
スカイA「全部見せます!ゴルフシリーズ」

BGM

フジテレビ「坂道のアポロン」
朝日放送「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」「キャスト」「朝だ!生です旅サラダ」「ガラスの地球を救え スペシャル」

CM

NTTdocomo 、SECOM 、大鵬薬品(ソルマック)

映画

「種まく旅人 くにうみの郷」松竹

ドラマ

「二十歳と一匹」NHK 阪神淡路大震災20年ドラマ
「なでしこですから」ABCラジオ(創立65周年記念連続ラジオドラマ)

DJ

ABCラジオ「松永貴志のMUSIC FILE」

テーマ曲

「一般社団法人G1サミット」、「スペシャルオリンピックス日本」、「Earth Identity Project」
 TiaraGirl 「編集部ちゃんねる」、ニコニコ生放送「THE JASRAC SHOW」

メディア出演

– TV –
NHK
「あさイチ」「スタジオパークからこんにちは」「トップランナー」「今夜はとことん!ピアノと日本人」「ぐるっと関西プラス」 「青少年のためのコンサート」 「クラシックもめちゃええやん」 「らららクラシック」「17歳の天才ジャズピアニスト・松永貴志の素顔に迫る」 「おはよう関西」 「東京ジャズ」「関西ニュース1」
テレビ朝日
「報道ステーション」「題名のない音楽会」
フジテレビ
「めざましテレビ」「meet again~夢写真館~」 「おまたせ!!ラグ定食」 「いつでも笑みを」
TBS
「情熱大陸」「はなまるマーケット」「ウォッチ!」
テレビ東京
「たけしの誰でもピカソ」「音遊人(みゅーじん)」
朝日放送
「NEWSゆう+」「ドキュメンタリースペシャル ジャズピアニスト松永貴志2004~夏の宿題~」「ワイドABCでーす みよ缶」「スタンダップ!」
毎日放送「ちちんぷいぷい」、関西テレビ 「ピーコ&兵動のピーチケパーチケ」、読売テレビ 「世界で活躍する少年少女特集」、北海道文化放送 「のりゆきのトークDE北海道」 、名古屋テレビ放送 「どですか」、東海テレビ 「ぴーかんテレビ元気がいいね」、愛知国際放送 「evening-i」、テレビ国際放送 「ジャズピアニスト松永貴志」、中京テレビ「ニュースプラス1」名古屋テレビ「サンダー1」 、サンテレビ「伝えたい僕達の震災」、NHK福井放送さらさらカフェ」、BS日テレ「めいほう高原音楽祭」
– ラジオ –

ラジオDJ:東北放送「放課後のJAZZ」(2003年10月5日~2004年9月25日)
TOKYO FM、J-WAVE、NHK-FM、FM三重、IBC岩手放送、KissFM神戸、AM神戸、FMココロ、ABCラジオ、富山cityFM、FM富山、HBCラジオ、ZIP-FM、FM-AICHI、ふくしまFM、FM-POCO、FM岩手、FM京都(αステーション)、京都ラジオ、熊本放送、MBSラジオ、NHKワールドラジオ、LOVEFM福岡、DateFM、FMノースウェブ、FM北海道、広島FM、CBCラジオ、盛岡FM、RADIO-i、FM秋田

– 新聞・雑誌 –

神戸新聞・随想連載(2004年5月19日~8月26日)
月刊ピアノ・エッセイ連載(2009年1月~3月号)
アエラ(表紙)、プレジデント、The Japan Times、ハーバードビジネスレビュー、荘苑、少年ジャンプ、MEN’S NON・NO、smart、FINE BOYS、GINZA、週刊文春、週刊朝日、SPA!、サンデー毎日、ザ・テレビジョン、Bon Voyage、SKY CHANNEL、ジャズライフ(表紙)、スイングジャーナル、月刊ピアノ、キーボードマガジン、CDジャーナル、MM-JAZZ、新聞全国各紙

公演

2003年 東京ジャズでハービーハンコック、チャカ・カーン、ジャック・ディジョネット、クリスチャンマクブライド、ジョシュア・レッドマンと共演。
2004年 ボビー・マクファーリンとデュオでコラボ公演。エリックハーランド(ds)ウゴナオケグオ(b)とNYトリオを結成。
2006年 サントリーホールで新日本フィルハーモニー交響楽団(故・岩城宏之指揮)と共演
2007年 オーケストラとダンスの完全融合、シンフォニック・バレエ「ラプソディ・イン・ブルー」を東京フィル、大阪センチュリー響、服部有吉、上野隆博、ラスタ・トーマスと全国で上演。
2008年 アルフレッド・ライオン生誕100年を記念して、ベースの神様ロン・カーターと共演。
2009年 学習院初等科音楽鑑賞会にて、皇太子殿下、愛子様御観覧の中、学習院初等科初のジャズコンサートを開催。
2010年 京都市交響楽団と共演。<モーツァルト、ピアノ協奏曲第20番二短調>
2011年 「東日本大震災チャリティーコンサート~芦屋から被災地へ~」を自ら企画し、その想いに賛同した宮川大助、hiroko(mihimaruGT)、川嶋あい、奥村政佳(RAG FAIR)、FRIED PRIDEなど様々なアーティストが参加し、被災地へエールを送ると共に、公演の収益全額を寄付。
2013年 パリのルーヴル美術館で開催されたヨーロッパ最大のアート式典であるSNBA授賞式典に招待され演奏。
2014年 「アニソンの神降臨!田中公平withヨコハマ・ポップス・オーケストラ」で、田中公平、田中真弓、きただにひろし、でんぱ組.inc、神奈川フィルハーモニーと共演。ポーランドで開催されたManggha Muzeum設立20周年式典に招待されポーランド大統領、故アンジェイ・ワイダ監督の前で演奏を披露。また博物館テーマ曲を作曲。
2015年 パリで「TAKASHI MATSUNAGA」MAISON DE LA CULTURE DU JAPON A PARISソロコンサートが二日間連続で開催され、満員の観客を魅了した。
2016年 ポーランドのオペラハウス「Mlynarski Hall」でピアノソロコンサート「Takashi Matsunaga in Warsaw2016」
2017年 リオデジャネイロ、NY、ワルシャワ、プタペストでライブツアーを開催。

Activity

一般財団法人 服部真二 文化スポーツ財団理事
世界経済フォーラム ダボス会議 GSCメンバー
ARアプリ「clip」サウンドプロデューサー